« 馬鹿?天才? | Main | テスト前なのに… »

February 26, 2005

銀河学校

 私はプロフィールにあるとおりに宇宙が大好きなのです。

 そのため去年は地学で天文学があったのですが、それに関しては勉強しなくても自然と点数が出たものですよ。 

 あのころは良かったなあ…。うんうん。

 
 
 私が宇宙に関心を持ったきっかけは、小六の時に「ここまでわかった宇宙の謎」という本を読んだことです。

 この本はビッグバンとかダークマター、クエーサーなど、最先端の宇宙論について書かれています。

 なんだか難しいことのように聞こえますが、説明がとてもわかりやすいので、当時小六の私でも十分に理解できました。

 
 
 そして、その本を読んでからはもう宇宙まっしぐら。

 中学から今までの4年間に買った本の90%が宇宙に関した本ですから、自分でも驚きです。

 
 
 そんな私は「Newton」という科学雑誌を定期購読しているのですが、それで「銀河学校」というセミナーの記事を見つけました。

 「銀河学校」というのは、毎年三月下旬ごろに行われるもので、宇宙研究の実際の現場に近い本格的な研究を専門家とすることが出来るという、私からすると非常にうらやましいセミナーです。

 しかもこれに使う望遠鏡が東京大学木曾観測所にある104㎝口径の望遠鏡なのです。

 市販されている望遠鏡でも30㎝ででかいと言われています。さらに望遠鏡は口径が大きい程性能が高いのですから、いかに性能が高いかがおわかりいただけると思います。

 そんな望遠鏡が使えるのか!い、いきたい!!!

 強くそう思った私ですが、その想いもすぐにしぼんでしまいます。

 その銀河学校は定員が決まっていて、さらに条件が別にあるのです。

 それは…

 
 
 104㎝望遠鏡を使って研究したいことを800字以内で作文にして送ること。さらに定員はたったの30名です!
 
 

 ああ……レベルたかそう…。というかメンドイ…。もうダメ…。

 私にとっては作文でリタイアです。

 しかもその作文を観測所の方々が読んで、その中から30人を選考するのですから、ハードル高すぎですよ。

 

 ですが、その後私は地学の先生に強く勧められ、最終的には銀河学校に応募しました。

 

 そ し て

 昨日、銀河学校のHPによると、昨日から銀河学校の応募者の選考結果が送信されているそうなのです!

 一瞬、体凍り付きました。

 私は慌ててメールをチェックしました。しかし、銀河学校からのメールは一通もありませんでした。
 
 
 
 まさか…落選…… 
 
 

 ですが、前に銀河学校にメールで作文や詳しいことを書いて送信したときも、確認のメールが届くまでに2日くらいかかったのを覚えています。

 ということは、遅れてるからと言っても落選じゃあないんだ。良かったー。ッホ。


 でも、銀河学校から結果が来ないこの状態は心臓に非常に悪いです。

 メールが来るたびにびびってますから。

 あとは待つだけです、心臓バクバクです。

 結果がわかったらまた書き込みますので、よろしく。

|

« 馬鹿?天才? | Main | テスト前なのに… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84054/3088387

Listed below are links to weblogs that reference 銀河学校:

« 馬鹿?天才? | Main | テスト前なのに… »